ニトリで買える高コスパのアウトドア用品特集①【焚き火台・テーブル・椅子編】

アウトドア

どうも鳥やんです。突然ですが、アウトドアで使うアイテムって地味に値段が高かったり、どこで買えばいいかわからなかったりしません?

僕がキャンプを始めた時はAmazonで色々調べて購入したものですが、やはり実物を見てみないと分からない事は多い。どこかお店で見て買おう!思われる方も多いハズ。

キャンプをガチるためにガチのキャンプ道具を買うぜ!って人はキャンプ用品のお店に行くべきだと思うのですが、『ぶっちゃけ安くてもイイ!とりあえず道具欲しい!』って人は、そこら中にお店が合ってお値段以上のものが買えるというあのお店に行ってみたらどうでしょうか。最近は夏になるとアウトドア用品コーナーが特設されてる店舗もあったりしてとても楽しいですよ。

ニトリでキャンプ用品を買うのはあり?

『お値段以上!』というのは『安かろう、悪かろう』のリスクも孕んでいる。僕もニトリで買った袋の口を閉めるクリップは挟むたびに割れて困っていて、似たような商品をちょっと高い値段でIKEA購入したところそのストレスが0になった、というのもある。

ただ、まず言うとニトリには『キャンプ用テント』『タープ』は売っていない。

そうなるとニトリで買えるキャンプ用品は主にこの3ジャンルになる。
・調理用品
・テーブル、椅子
・食器

こうなってくると話は別。キャンプ用品は確かに作り始めたばかりだから不安は多少有るが、その他の調理用品や食器などはもうだいぶ長いこと作って販売しているが、巷で品質を問題視する声はほとんど出ていないため、安心出来るだろう。

そして逆説的にはなるが、その様にある程度品質を担保されている商品を作っている会社が販売しているキャンプ用品も、一定レベルは信用してもいいんじゃないか、と僕は思っている。

あと、安いから最悪ミスっても傷は浅い。

ニトリで買えるキャンプ用品

ではここから、ニトリで買えるキャンプ用品を紹介していく。中には僕が買ってよかったものもあるので、参考になると思う。

ニトリで売ってる焚き火台

サイズ感がちょうどよい折りたたみ式焚き火台 \3990

焚き火台まであるなんて、ニトリすげえな。というか色んな業界がどんどん領域を増やしてきて別業種から始まった企業同士が新領域で戦ってる現代、くそ面白いな。

さて、ということでここで紹介するのは折りたたみ式の焚き火台兼BBQグリル。

ポイントは大きさが30cm四方まで小さく出来るところ。
つまり、上で挙げたテーブルとまとめてもかさばらない。

30×30のサイズがあれば二人分くらいの焼き肉なら全然出来るし、多分小さめの調理器具なら2つおける。

サイズ感とパフォーマンスをどちらも損なわないギリギリのサイズだ。

ニトリで売ってるキャンプ用テーブル

めっちゃちっちゃくなる耐熱折りたたみテーブル \2990

キャンプといえばやはり焚き火と、そこで作るご飯が醍醐味。それを並べるテーブルも大事にしたい。

焚き火にくべた鍋は炭とか焦げの汚れがついていたり、熱くなっているのでプラスチックとか布のテーブルはおすすめしない。また、折りたたみが出来てどこまで小さくなるかというのも考慮に入れた時に最強なのはこちら。

ちなみに折りたたんだ時のサイズは長編62cmの半分なので30cmくらい。しっかりかばんに入るから原付きでもキャンプいけちゃうな。

コチラはなんと言っても耐熱というのがデカイ。火の近くに置くというところもあるし、プラスチック製でないニトリのアウトドアテーブルはこちらだけ。

ニトリで売ってるキャンプに使える椅子

木製ローチェア(割とインスタ映えする) \2990

これは去年もニトリで売っていた。僕は浜辺で酒を飲むためにそこにあったニトリに駆け込み衝動買いした。ニトリのいいところは大概の国道には存在するというところだ。国道にニトリが存在しているのかニトリが有るところに国道が存在しているのかわからなくなってきた。

木製ローチェア

こいつのええところは折りたたんだらそこそこ小さくなるところ。流石にバイクに積むには厳しい大きさと形状はしているが、僕は電車で6時間の距離をリュックにくくりつけて持って帰って来ることができたからそこまで重量はない。

どっちかと言うと一家で車で行くキャンプ向きかな、と思う。これがまた耐久性にも優れていて壊れる気配がまったくない。一度野外で使った以外はベランダで座って飲んだりする時にしか使ってないんだけど(笑)

これのすごいところは適当に山の中とか浜辺に放置して遠くから写真撮ったら結構インスタ映えする(笑)

ちなみにローチェアではなくちょっと背が高いのもある↓

ちなみに同じシリーズのテーブルも買いたくなるけど、まじでアウトドア以外で使いみちが無いしそこまで小さく折り畳めないのでとても邪魔、木製だから捨てるのもめんどくさいので買わないほうがイイなと僕は思った。

ここでニトリハックコーナー:ネットで買うと11000円以下は送料がかかってしまうからお店での購入か、ネット注文で店舗受け取りが良い。

実物を見たい場合は店員さんを困らせないためにも商品コードの載った上記ページを用意して行くのがおすすめ。

ニトリはかなり季節を先取りした売り場展開をしているイメージがあるので、他の人が買い求め始める前に買っちゃえば在庫切れの心配もないですね。

座ったら立ち上がれない座り心地:バタフライチェア \3990

多分バタフライみたいな形をしてるからバタフライチェア。写真を見てもらえばわかるが、バカみたいにでかい背もたれと大きく凹んだ座面。ここの包み込む感がやばいんですよ。

一度座ると「バタフライ・エフェクト」の結末を見た時みたいに力が抜けてまう。

しかもこれ、折りたたみでそこそこ小さく、というか細くなるんですよね。これならバイクにくくりつける事も可能だし、車に積んでもスペース取らないのでとてもあり。なんならたまに自宅で来客が合ったときでもコレに座らせときゃ機嫌よく帰ってくれる気がする。

ちょっとこの写真だけじゃ分かりにくい感はあるのでこの間座りに行ってみて取った写真も載せておきます。

背もたれの一番広いところの幅は人間二人分弱くらいの幅は有る。死ぬほど包まれます。

これに座ってただNetflixを見るだけのキャンプしてぇええ

今年初キャンプの前にどこかのニトリで買おうと思ってます。

椅子はこの2つで十分かな、と思う。

まとめ:ニトリはキャンプ用品も安い

というわけで、今回は焚き火と椅子とテーブル、という感じで座って過ごすキャンプ時間を充実させるためのアイテム紹介でした!

家具やインテリアというイメージの強いニトリですが、最近はアウトドアなど、家の外を楽しくするアイテムも多数販売されているのがいいですね!

僕みたいな初心者キャンパーの方であれば、こういったお店で道具を安く揃えるのもアリかもしれません。準備している時間も楽しいものですが、そこに時間や費用をかけるくらいならパッと買ってパッと体験したほうが絶対に良い。え?たったこれだけでこんなに楽しめるの!!!!ってなること間違いなしです(僕がそうだったから)

次回:調理用品編

次回は居心地を良くした後は細かいところを盛り上げる調理用品など+αの紹介記事の予定です。

この記事が良かったと言う人はぜひ下のボタンからSNSでのシェアやご友人の方への紹介などお願い致します。ではまた、バイバイ。

当サイトのキャンプ関連記事

キャンプ場関連記事

キャンプ用品関連記事

コメント

  1. […] 節約・旅行の雑記ブログ│行動範囲、鳥やん!?ニトリで買える高コスパの… […]

タイトルとURLをコピーしました