ニトリで買える高コスパのアウトドア用品特集②【調理用品編】

というわけで前回に引き続きニトリで買えるアウトドア用品特集だ。さすが家の中のQOLを上げてくれてるニトリだけあって、野外でもしっかり高めてくれます。

前回はニトリで買える焚き火台や椅子などのアウトドア用品を紹介した。
あれはキャンプにおける居心地を高めてくれるコスパ最強アイテム達だったが、今回は更に一歩踏み込んで食事のクオリティを上げてくれたり、調理の過程をアウトドアらしく楽しめる、はたまたインスタ映えしたりするようなアイテムを紹介していく。

目次

ニトリで買える高コスパのアウトドア用品特集①【焚き火台・テーブル・椅子編】

『鳥ケラトプス』│生活雑貨メインの雑記ブログ!
【そろそろ完売】ニトリの高コスパアウトドア用品特集①【焚き火台・テーブル・椅子編】 | 『鳥ケラトプス』...
【そろそろ完売】ニトリの高コスパアウトドア用品特集①【焚き火台・テーブル・椅子編】 | 『鳥ケラトプス』...どうも鳥やんです。突然ですが、アウトドアで使うアイテムって地味に値段が高かったり、どこで買えばいいかわからなかったりしません? 僕がキャンプを始めた時はAmazonで...

ニトリで買えるアウトドア調理グッズ

ではこれからオススメを紹介していく。ただ、僕が先に言っておきたいのは『初心者キャンプではあまり凝った料理とかするな』ということ。キャンプ始めたてならカップ麺でも十分うまい。それはこの初心者キャンパー俺が初心者キャンパーに向ける記事で書いた通り。

あわせて読みたい
503 Service Unavailable

ホットサンドパン\1490円

調理アイテムとしてまじでオススメなのはホットサンドパン。こんな風に上下から鉄の板で食材を挟み込んで火にかけて調理する。これが何故いいかというと、上下からまんべんなく加熱が出来るのでムラが出にくい。

そして食材が鉄の板に閉じ込められて、出てきた脂とか入れておいた調味料が行き渡って染み込んで非常に美味しいことになる。

しかもソロキャンプで嬉しいのはコレを2つに分ければ小さなフライパンが2つ生まれるので、片方で肉を焼いてもう片方でソースを作る、みたいなことが出来るし、洗う時も変な隙間に入り込んで取れないみたいなことがないので衛生的だ。

僕のオススメのレシピは豚肉に塩コショウを振って焼き肉ソース的な物を垂らした後にとろけるチーズで閉じ込めて窒息死させたたべものが本当に美味くて死にそうになる。それだけでもイイし、ホットサンドパンらしく先程の具材を食パン2枚で挟んで焼いて食べるのも美味。

お湯を沸かす以外は全ての調理がコレひとつでまかなえるところがいいところ。

あわせて読みたい
Access Denied

インスタントコンロ\499円

これをあえて前回の記事で紹介しなかったのは、コレ一つでキャンプを済ませるということは焚火のないキャンプを選択することになるから。

僕はそんなキャンプは絶対に提案したくないので調理用品として紹介する。


焚火の無いキャンプとは愛の無い結婚に等しい虚しさを孕んでいる。

こちらは炭と着火剤と網がセットになっているコンロ。これが500円で買えるというのはとんでもないこと。

キャンプにおいて焚火は必須のものだと思うけども、あいつらは火力が強すぎる。焚火の形式美を追い求めた結果として(調理という)機能性が失われてしまいがち。

そういう時にこのコンロは便利で、お肉を焼いたりする用途にはコレを使って。使い終われば中の炭は焚火の中に放り込んで燃やしてしまえばいいのだ。

情緒と現実は分けて考えないと行けない。いくらエモくても禁断の恋は禁断なんだ。

ガスバーナー\2490円

これは僕が去年買おうと思ってついぞ買いそびれた商品。上司が買っているのを見て、何に使うのか聞いてみたらスーパーで買ってきたサーモンを炙って食ってるらしい。

確かに、大抵の食物は炙って食ったら美味い。自宅での料理のバリエーションを増やすだとか、ただの料理をめっちゃ見栄え良く出来たりするのが超素晴らしい。

更にこいつはキャンプでなら炭に火をつけるときにも活躍する。継続的にある程度の火力を出せるので、着火剤なしでも炭に火をつけ安くなる。

なんならそのままホットサンドパンを加熱するときにも使えるわけです。使用用途は無限大なのだ。

ちなみにこれの予備のガスボンベも一本300円で売ってる。他のガスボンベと互換性があるものなのかは確認したほうがいいかも知れない。

去年のシーズンオフ近くに値下げして売られていて、カセットコンロでも使えるなら全部買い占めたろか!と思った記憶がある。

スキレット鍋/499円

The・インスタ映えの王様。これに肉とチーズとパプリカでもぶちこんで焚火の上にでも置いてやればインスタで大量にいいねゲット出来るしろもの。
一時期話題になっていた「ニトスキ(ニトリのスキレット鍋)」ってやつだな。

スキレット鍋はバカみたいに思いから正直バイクとかバスで行くキャンプには全くオススメしない。

インスタ映えのために720gの重量を支える覚悟がある者だけに許されるおしゃれアイテム。

スキレット鍋のデメリットとしてシーズニングとかいうめんどくさい工程を乗り越えないと適切なメンテナンスが出来ないというところがあるが、それを覆い隠すメリットとしてこの金額。ワンコイン

アイデア商品:衛生面安心、割り箸トング

これはまじでガチのアイデア商品。簡素な作りだし、思いつこうと思えば思いつけそうだけど思いつけなかったこんな商品を開発できるこの会社すごい!と思った。

先っぽに割り箸を2セットはめこめば先っぽだけ使い捨て出来るトングの完成だ!

これまじですげえ。しかも割と一生使えそうだ、これもワンコイン。

まとめ:調理系はアウトドアだけでなく家でも使えがち

ということで、これはニトリに限らないとはおもうけども、調理系は家でもしっかり使えるところが良いところ。

特にスキレットは家でも外でも映えさせることが出来るからポイント高いし、ガスバーナーも家で炙りものするだけでも楽しめるから使える機会がたくさんある。

僕は4月に入ってからニトリの店舗を見に行ったんだけど、もう既にアウトドアのコーナーが充実していてとても楽しかった。布団や家具だけじゃなくて外の遊びまで彩ってくれるのはまじで助かる。

当サイトのキャンプ関連記事

キャンプ場関連記事

キャンプ用品関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる