ニトリのクランプコンセントボックス使えば机周りスッキリします

スマホやスピーカーなど、現代の机周りは充電コードで溢れてる。

気を抜くとゴチャついてしまうのがコード類の宿命。

今回は机上のコンセントごちゃつき問題をすべて解決する『クランプコンセントボックス』を紹介します。

机の天板や脚に挟み込んで設置できるから机の形状を選ばず使用が可能。

『人生に革命を!』
鳥やん(@toriyan_trip)です。
『QOL爆上げ』をコンセプトに色々な事を試します。
Instagramもよろしくです!

この記事はこんな人にオススメ
・机の周りの配線ごちゃごちゃが気になる!
・電子機器たくさん持ってるから充電ケーブルがたくさんで辛い!

目次

クランプコンセントボックスとは?挟み込む式だから自由自在

延長コードを使うとごちゃごちゃが目立ってしまう。

だから机にはコンセントが欲しい。

でもデスクに備え付けのコンセントだと壊れてしまうと終わり。

だから俺はコンセント無しの机+後付けのコンセントボックスを使ってる。

後付けのコンセントボックスは挟み込み式がオススメ

俺が買ったのはニトリのクランプコンセントボックスという商品。

挟み込むタイプだから机の形状を選ばず使えるし、壊れたら買い換えれば良い。

ニトリのクランプコンセントボックスのコンセント数と取り付け方

ニトリのクランプコンセントボックスのコンセントの数や仕様について解説する。

クランプコンセントボックスはUSB×2、コンセント×2

以下のような構成。正面にUSBとコンセント、背面にもう一つのコンセントがある。

各部の電圧などの詳細は以下で解説する。

①背面コンセントのスイッチ

背面コンセント(④)のオンオフスイッチ

オンオフ出来て何が嬉しいかはコチラで解説。

②USBポート×2

よくあるUSBポートが2つ付いてます。
5V、2つ合わせて2アンペアまで出力出来る。
通常の携帯の充電は0.5A程度なので電子機器2つ充電も余裕です。
ただし、機種によって使える急速充電は2A必要なので、急速充電の機器している間はUSBポートが一つしか使えない可能性がある。

③コンセントその1

こちらのコンセントはオンオフ出来ない。(常にオン)

背面コンセントと合わせて合計1400ワットまで使用可能。

ちなみに小型の電気ストーブが消費電力500W~1000Wなので、デスク周りで必要な電力は余裕でカバー出来てます。

④コンセントその2(背面)

背面にもコンセントが一つ備えられてる。

コチラは①のスイッチでON・OFFが切り替えられる仕様。

切り替えが出来て何が嬉しいかは『ニトリのクランプコンセントボックスのいいところ、オススメの使い方』の章で解説します。

クランプコンセントボックスのケーブルの長さは2.5m

クランプコンセントに電力を供給するための電源コードは2.5mとそこそこの長さがあるから、多少コンセントが離れていても何も問題なく使えます。

クランプコンセントボックスの取り付け方法

クランプコンセントボックスはその名の通り『挟み込んで』固定するタイプだからどこにでもつけられる。

STEP
ネジでおおまかに幅を調節

まずは挟み込む部分の幅をネジで調節する。これは大雑把でOK。

STEP
机などに挟み込む
STEP
レバーを倒して完全固定

この向きで倒せばOK.

この状態が完成形。

こういう挟み込み式の製品は、めちゃくちゃネジを回して固定しないといけないパターンが多いんだけど、コチラの商品は最後はレバー式だから取り付け・取り外し・移動のストレスが少ない。

ニトリのクランプコンセントボックスの使い方のオススメ

ここからはコチラのコンセントボックスの良いところ・オススメの使い方を紹介する。

クランプコンセントは天板にも机の脚にもつけられる。

机やデスクの天板が一番オーソドックスな設置場所だと思う。

俺は机の脚が細いのでそこに設置することで配線が机の上に這わずスッキリ見えるようにしてる。

オンオフスイッチが地味に便利です。

背面コンセントはスイッチでオンとオフを切り替えられる。

手元でオンオフを切り替えたい商品などを使う際はとても便利になる。

例えばデスクライトやテーブルライト。スイッチで常にオンに出来る製品なら、そっち側は常にオンにしておいて、コンセントボックスのスイッチで操作すれば手を伸ばさなくてもスイッチのオン・オフがしやすい。

以下のような商品がオススメ。勉強用のデスクライトとインテリア用のテーブルランプを両方紹介する。

created by Rinker
東京メタル工業
¥3,464 (2022/12/01 11:25:43時点 Amazon調べ-詳細)
とりやん

机の奥まで手が届かない小さいお子さんが使うのにオススメよ!

ベッドサイドでの使用もオススメ

ベッドにコンセントが付いていない人にはベッドでの使用もオススメです。

ホワイト・ブラックの2色展開だからどんなインテリアにも合わせやすい

こちらの商品、2色展開。

白と黒は基本的にどんなインテリアスタイルにも合うからオススメ。

俺の机は天板が白くて脚が黒い。黒い脚のところにつけることでコンセントボックス自体は目立たないようにしつつも、天板とのコントラストはあって部屋全体の統一感を崩さずに運用出来ているから超オススメ。

3000円でデスクまわりのすっきり感に繋がるコチラのアイテム。配線のごちゃつきにイライラしがちな人や机の上で充電したいものが多い人はぜひとも導入してみてください。

このサイトを見れば日常生活の困りごとを全部解決!と言えるようなサイトを目指してます。
ブックマークやTwitterInstagramのフォローもぜひぜひお願いします!

その他のデスク関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次