ニトリで人気のNスリープマットレスを買ってきた!めっちゃ良い!

ニトリでめっちゃ高いマットレスを買ったので、
その時に店員さんから聞いた話も含めて
オススメポイントを紹介していきます!!

目次

買ったのは10万円のダブルサイズマットレス N Sleep ラグジュアリー2

俺が買ったのはニトリのお店で展開している中で二番目に高い(らしい)マットレス。
その名も『Nスリープ ラグジュアリー2』というマットレス。
参考までにリンクは貼っておく。

[厚さ33cm]ダブルマットレス (Nスリープ L2-02KF VH) ダブル マットレス 寝具 快適 ポケットコイル ニトリ 【配送員設置】 【5年/30年保証】
created by Rinker
¥109,000 (2021/09/21 20:18:04時点 楽天市場調べ-詳細)

高い・・・!が、値段なりに良いところがあるわけだ。

製品説明より先に”俺が使った体感”を伝えたい。

後で商品自体の説明は、聞いてきたものを全て書き記そうと思う。
でもまずは俺が1ヶ月使ってみて
なにが良かったか、なにが変わったかを伝えたい。

その前に俺が今まで使っていたマットレスについて

なにが変わったかを書くからには今まで使っていたマットレスに触れなければならない。

俺が今まで使っていたのは『ニトリの1万円ちょいのマットレス
あの圧縮ロールになっているやつ。

安いマットレスの一番良くないところは、身体の特定の箇所に荷重がかかりまくって痛くなる

マットレスの耐圧分散性を左右するのは『コイル数
基本的には、耐圧分散性が高い
=コイル数が多い
=値段が高くなる。

今使っているマットレスがどれくらい耐圧分散性が低いかは、枕元にスマホを置いて寝てみると分かる。
寝転んだ時に肩のところがへこんで身体側にスマホが滑ってきたら、耐圧分散性は低いほうだと思う。

10万円のマットレスでよかったこと、変わったこと

高いマットレスを買ってよかったのは、ありがちな言葉になってしまうんだけど・・・

鳥やん

睡眠の質めっちゃ変わる!!

具体的に何が変わるかというと、寝姿勢が変わる。
寝ていて痛い箇所があると、そこを避けるために横向き寝になったりしてしまって
更に荷重をかけて痛めてしまう。それが一切なくなる。

朝起きて、寝返りで変な方向を向いてる事も少なくなった。
身体が辛いから寝返りを打ってしまうケースもあるんだろうな。

寝るのが楽しみになる

ホテルに泊まる時にベッドダイブしたくなる気持ちを毎日の様に味わえる。
寝転んだ瞬間から包まれるマットレスはまさにホテル。
寝転んでるだけで楽しくなれる。

ニトリの高いマットレス(L2)の良いところ。

①マットレス+トッパーの構成でしっかり支えるのに包み込む

このマットレスはコイルの入ったマットレス+上に乗せるトッパーで構成されている。
上には柔らかいトッパーが乗っているにも関わらず、
下のマットはコイルがたくさん入っていて、
沈みすぎないように支えてくれる

俺はココがこの商品のミソだと思っている。

包み込まれて柔らかい感じを出すのに
マットレス自体を柔らかくしてしまうと、
荷重がかかる部分が無限に沈み込みから負荷がかかる。

下はしっかり、上が柔らかな事で両立出来ている。

マットレスの耐圧分散性を高めるのはコイルの数だという話をしたけど、
このマットレスはどうなのか?という話をしていこう。

他のマットレスと比較するのが手っ取り早い。

俺が使っていたこのマットレスはコイルが354個。
ニトリで中価格帯のマットレスはコイルが465個。
高価格帯マットレスになるとコイルは950~1400個。

同じサイズのマットレスでコイル数が違う理由は3つある。

①コイルが上下に配置されているからしっかり支えてくれる

同じ大きさでコイルの数が増える理由の一つに、上下にコイルが重なっているということがある。
上のコイルが分散した耐圧を、下のコイルが更に分散してくれる。

また、その分マットレスが分厚くなるので床つき感が一切ない。

床つき感とは・・・
マットレスとか布団が薄いことで、床の固さが気になってしまう状態。

コイルが小さくなって細かく敷き詰められている。

小さいコイルをたくさん敷き詰めるとコイル数は多くなる。
コイル数が多くなって良いことは、複数のコイルが体重を支えてくれるので、
荷重が一箇所に集中しづらい。

拳で殴られたら痛いけど五本指で突かれてもあまり痛くないのと同じ。

コイルの配置方法の違いでコイル数が多くなっている。

コイルの配置には並行配列と交互配列というものがある。
交互配列はコイルが少しずつづれて
簡単に分かる図が以下となる。

同じ面積でもコイル数に10個も差がある。
画像の密度を見るだけでも一目瞭然。
マットレスが大きければ大きいほどこの差が大きくなる

俺が買ったNスリープL2というのももちろん交互配列。
今までのマットレスと比べて格段に寝起きの良さが変わった。

睡眠の質・寝起きの良さを文字で伝えるすべがない

ニトリで高いマットレスを買うときの注意点

今回俺は奮発して、めちゃくちゃ高いマットレスを買ったわけだが。
実は高いマットレスを買うときにも注意点がある。

ニトリは圧縮で持ち帰りできるマットレスが人気だが、
この高いマットレスは圧縮出来ない

圧縮できないデメリット①持ち帰り不可

圧縮されていないマットレスを車に乗せて持ち帰るのはかなり厳しい。
すぐに家に持って帰って使うことも出来ない。

絶対に配送にしてもらう必要もあり、配送の営業所のトラック次第で納期が決まるとのことだ。

それでも俺は、すぐに持って帰って1週間早く使えるより、
配送してもらってでも良いマットレスを使ったほうが長期的にお得だと思う。

圧縮出来ないデメリット②大きくて搬入できない可能性がある

圧縮出来ないと言うことは、搬入の際に玄関の大きさとか通路幅によって入らない事がある
シングルサイズなら90X200くらいのサイズが一般的。

俺が買ったのはダブルサイズで、140X200なのでかなりギリギリだった。
しかも住んでいるところがメゾネットタイプなので玄関入ってすぐ階段。
しかも階段が途中でカーブする。

配送の人も、壁に擦ったりすると賠償などのリスクが有るため、無理には搬入してくれない。
曲がりきれなかったらマジで搬入不可で商品変更する必要があるところだった。

結論:高いマットレスを買うべき

高いものには高いなりの理由がある。

1日の3分の1を過ごすベッドと言う空間にかけるお金はとても大事だなと感じるほど
睡眠の質に関しては向上した。

10年使えば年額1万円のサブスクサービスだと考えればNetflixよりやすいぜw

マットレスとか買ったなら一緒に以下のひんやりアイテムもどうぞ↓↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる