【クーポン有】カジタクの布団クリーニングが冬前にオススメ【口コミ】

冬になる前に布団を買い換えようと思っている人もいるのではないだろうか。 布団はどうしても年月が経つにつれてへたってきてしまう 。へたってきた布団を買い換えるのもいいが、実はクリーニングでふんわりとやわらかな新品同様の状態に戻すことも可能だ。

 そこで今回はイオングループがやっている『カジタク』と言う布団クリーニングサービスを紹介したい。

今なら、2点パックが約15%引きで利用できるぞ!

申し込みから布団の回収、クリーニング、自宅への配達まですべてが宅配で完結するサービスで、忙しい社会人の方や小さな子供がいて目が離せない専業主婦の方にもオススメだ。

鳥やんです。このサイトではQOL(生活の質)を上げる為の方法やアイテムを紹介していきます。Twitterのフォローや別サイトもぜひ見てみて下さい。

目次

カジタクとは、汚れやアレルゲン対策できる布団クリーニング

カジタクはイオングループがやっている布団のクリーニングサービスで、天日干しだけでは除去しきれない汚れや押入れに保管し間に繁殖してしまうダニなどを除去してくれるサービスだ。(死滅率99%)

その一番の特徴は、申し込みが全て Web で完結すること預ける時もお届けの時も玄関先で全て対応を終わらせられることが特徴だ。

だから仕事で忙しい人や、家を離れられない人にオススメだ。あとそもそも布団をクリーニングやコインランドリーに持っていくのはかなりしんどいから、その手間が省けるのも良いところ。

そしてクリーニングの際は、布団の種類によって最適なクリーニングの方法を採用することによって新品同様のふかふかの状態まで再生してくれる。

公的衛生研究所の調査結果によるとカジタクの布団クリーニングサービスはダニの死亡率99%、アレルゲンの除去率98%だ。  大きくて洗いにくいしてほしいにくい布団は、長く使えば使うほど汚れが溜まりアレルゲンの原因となる。数年に一度でもいいから、まるごとクリーニングする機会が必要だ。

カジタクの料金やサービス内容【意外と安い】

まず先に今お得な情報を載せておくと布団クリーニング2点のパックが通常12980円のところ10月31日まで申し込み限定で9735円だ。

カジタクの料金

布団2点布団3点布団3点圧縮パック
価格12980円9735円(10/30迄)18700円15400円
イオンのカジタク料金。

布団2点・3点は圧縮せずにふわふわで返送してもらえるのに対して、3点圧縮プランは圧縮して返送となる。

え、じゃあ布団・毛布・肌掛けとかで利用したらめっちゃ高くない・・・?

こんな風に思ってしまった人、ご安心下さい!カジタクは布団の種類によっては複数枚で1点とカウントしてくれる!

1枚1点カウント掛ふとん、敷ふとん、こたつ布団(上下1組で1点)
2枚1点カウントベビー布団、ベッドパッド、肌掛け・夏掛け
3枚1点カウント毛布

毛布は3枚で1点カウントだし、薄手の肌掛け布団やベッドパッドも2枚で1点カウントだからたくさんクリーニングすることが可能だ。

次の章ではサービスを利用する上で気になるQ&Aを紹介していく。

カジタクの布団クリーニングにかかる時間

『保管なしパック』なら最短で10日後の返却が可能。ただし、5/1~8/31の繁忙期には最短で28日後の返却になる。今申し込めば本格的な冬の到来には間に合う。

保管有りなら最大で9ヶ月間保管をしてくれる。

2つで1点と3つで1点カウントは混ぜられる?

夏掛ふとんや肌布団は2つで1点分のカウントなのに対して、毛布は3つで1点分とカウントされる。

では夏掛け布団と毛布だとどうなるか?

これらは合算されません。それぞれ1点とカウントされてしまうので、毛布と薄掛ふとんを1枚ずクリーニングするような使い方はコスパが悪い。同じ種類をまとめてやる必要がある。

布団のサイズによって点数換算は変わる?

シングル、ダブル、クイーンなどのサイズによって何点換算かどうかは変わらない。

申し込んだパックの点数分もしくは袋に入りきる容量が上限となる。
だから場合によってはパックの点数以下でも入り切らない事がある。

布団袋に入り切らない場合はどうしたらいい?【入れ方のコツ】

3点パックは圧縮袋がついているから比較的ふくろに収めやすいと思う。2点パックは圧縮袋がついておらず布団袋に入れる必要があるので大変だ。入れ方のコツを解説する。

2点パックの詰め方のコツは掛ふとんから先に入れる!

掛ふとん・敷ふとんどちらも4つ折りにしたあとに、掛ふとんから先に袋に入れる。この時に空気を抜きながら押しつぶすのがコツ。

その上から敷き布団を二つ折りにしながら入れて抑えることで、布団が広がらずに詰め込むことが出来る。

3点パックの詰め方のコツは圧縮後に更に二つ折り

3点パックの場合も基本的には最初に4つ折りにする。それから圧縮袋に入れ、掃除機で吸引口を吸い込んで圧縮する。手で抑えながら空気を抜けば早く圧縮できる。

ちなみに掃除機のノズルの形が合わないときは直接圧縮袋の口から掃除機を突っ込めばある程度圧縮できる。

カジタク布団クリーニングの対応エリアは?

沖縄県と一部の離島を除いて、全国対応です。

カジタクのオプション

カジタクには有料のオプションが二つある。 9ヶ月カジタクの倉庫で保管してくれるサービス と、布団に防ダニ加工を施してくれるサービスがある。それぞれ詳しく解説していく。

9ヶ月間の保管サービス(+1100円)スマホからお届け日変更可能

1パックにつき+1100円することによって最長で9ヶ月間カジタクの倉庫で保管をしてくれる。カジタクの倉庫は布団の管理に最適な温度と湿度に保たれていて自宅の押し入れで保管するよりも布団にとって優しい。

押入れは湿気もこもり、カビの発生やダニの繁殖などのリスクがある。その上、使わない時期にただ押し入れに入っている布団はただただスペースを圧迫してしまうだけだ。

持ち家ならさておき、賃貸ならば収納を増やすこともできないし、引っ越しの時の部屋の大きさの選択肢が狭まる。クリーニングついでに季節外れの布団はカジタクに保管してもらえば持ち物を減らせる。

9ヶ月も先の予定はわからないよ~という人も安心。

下で紹介する口コミにもあるように、スマホから簡単にお届け日を設定できる。

防ダニ加工オプション(+1100円)

カジタクのクリーニングサービスはダニの除去率が99%とはいえ自宅にダニが繁殖してしまっていた場合せっかくクリーニングした布団がまたダニの温床になってしまうということが考えられる。

ダニはアレルゲンの原因にもなってしまうので、もし家族にアレルギー持ちの人がいるんであればこちらのオプションを使用するのをオススメする。

また先ほど保管サービスでは布団に最適な倉庫での保管をするするからダニの繁殖なども抑えられるという風に書いたが、『ダニは気になるけど布団が必要な時に返送してもらう手続きなのがめんどくさいな』と思うかたは是非こちらの防ダニ加工オプションの方を視野に入れてみていただきたい。

カジタクのサービスの利用方法

カジタクの布団クリーニングの流れはこんな感じ。

STEP
サイトで申し込み

カジタクのサイトで申し込みを行う。ここで集荷日も返送日も決めてしまう必要がある。

返送日の変更は後からでもできるそうだから、長期保管の場合でも安心だ。

STEP
自宅へ布団袋セットが届く

自宅へ布団袋のセットが届く。そこに布団を詰め込む。詰め方のコツは上で解説した。

STEP
集荷してもらう!

集荷してもらって送れば後は待つだけ!

冬にはまだ間に合う!口コミ紹介【リピーター多い】

まだ地域によっては本格的な冬の到来は遠い。

この機会に布団クリーニングをしてはいかがだろうか。

この冬だけでなく、何年も先に渡って布団を長持ちさせてくれるからぜひともオススメだ。

最後に口コミを紹介して終わりとする。

見ている感じ、何度も利用している人が多く、その質の高さが伺えるのだ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる