Google Mapのタイムライン活用して旅行記録をつける方法!Googlephoto連携も楽しいぞ!

どうも鳥やんです。突然ですが、みなさまは旅行の記録はどの様にしているだろうか?写真を見返す人もいれば日記を書いている人もいるかもしれない。

そうすればあとから見返して思い出を振り返られる。でも、写真や日記だとどこをどう通って移動したのかが分からない。
僕は行程も一つの思い出として振り返りたい方だ。

今回は、Google Mapの『タイムライン』機能を使って色々な記録を録る・振り返る方法を解説します。

この記事はこんな人におすすめ!
旅行が好き!その思い出を振り返るのも同じくらい好き!
行ったところを簡単に記録したい!

目次

Google Mapの『タイムライン』機能とは?

簡単に言うと、毎日の移動ルートをGPSを用いて記録してくれる機能です。
ルートを記録するだけでなく、その途中で立ち寄った店や観光スポットなども記録を取ってくれる機能です。

例としてこの画像を御覧ください。

こんな感じで、ルートと立ち寄ったお店が記録されていく。
あとから見返すと『ああこんなに回ったんだあ』なんて感想を持てる。

こんな感じで、世界中行ったところにマッピングもしてくれるから自分がどこに行ったのか、どこは行ってないかがひと目で分かる。

タイムラインとGoogle Photoの連携も可能

タイムラインで自分の位置情報を常に追いかける設定になっていれば、Google Photoと連携して『どの写真をどの場所で撮ったか』のマッピングが可能。

Google Photo 地図で振り返る方法

これはこれで面白い。地図を眺めて『へぇ~俺ここで写真撮ってるんだ、なんだろ』みたいな写真の振り返り方ができるのがすごく楽しい。

これの見方は、以下でタイムライン設定を完了させてからの話になるので後ろで書く。

Google Mapのタイムライン記録をONにする方法

それじゃあここから、実際にタイムライン機能を使うために必要な設定の仕方を書いていこう。

PCの場合

Google Mapを開いて、左上の『三』みたいなのをクリックします。

『タイムライン』を押すとタイムラインの画面に飛びます。

画面下にこんなのが出ていると思います。オフの場合は『ロケーション履歴を管理』を押すとこんな画面になります。

『ロケーション履歴』をオンにしましょう。これで日々記録が開始されます。

スマホの場合

Google Mapのアプリを開く
→右上の自分のアイコンをクリック
→『タイムライン』をクリック

ここをクリック

『設定とプライバシー』をクリック

赤丸部分が『オフ』になっていたら、タップして自分のGoogleアカウントを選べば有効化する事ができます。

番外編:Google Photoで撮った写真を地図上に表示する方法

これアプリ版でしか見れないっぽい。

①アプリを起動する。下の検索マークを押す。

『自分の地図』を押す。

④ほわほわ色がついてるところが写真を撮った場所。タップすれば撮った写真を見れる。

こういう、今までにあったものの新しい楽しみ方を開発できる人が本当にすごいと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる