DMMブックス70%オフで買った100冊まとめ②【新書・旅行記・ビジネス本など】

というわけで前回に引き続き第二弾。あんなにも多くなるとは思わず、遂にクーポン配布まで3時間を切ってしまっての執筆。

まぁクーポン貰ってから実際に購入するまでは7日間の猶予があるから大丈夫。本を選ぶのに迷ったらこの記事を参考にしていただけたらありがたい。

この記事はこんな人におすすめ!
ビジネス書とか新書は苦手だけど読んでみたい
雑学を増やしたい
とりあえず話のネタになる本が読みたい

目次

買った漫画・小説紹介&70%オフクーポンのもらい方&使い方

『鳥ケラトプス』│ガジェット・旅行の情報サイト
【4/12終了】DMMブックス70%オフで僕が買った100冊まとめ①【漫画・小説】 | 『鳥ケラトプス』│ガジェット・...
【4/12終了】DMMブックス70%オフで僕が買った100冊まとめ①【漫画・小説】 | 『鳥ケラトプス』│ガジェット・...鳥やんです。現在、DMM電子書籍が『DMMブックス』へ名称変更をしました。 その記念(?)に、現在『100冊まで70%オフクーポン』が配布されています! 簡単にインパクトをお...

70%オフで買った新書・ビジネス書紹介

ジャンル関わらず雑多に紹介していきます。適当に買いすぎた(笑)

人気飲食チェーンの本当のスゴさが分かる本(稲田俊輔)

まだ読んでいないからレビューめいたものは書くことが出来ないので、目次だけ紹介しよう。

第一章:サイゼリヤに見る「チェーン店進化論」
第二章:食のプロが唸ったファミレスチェーンのポイント
第三章:ファストフードを侮るなかれ
第四章:メジャーチェーンを脅かすライバルたち

人気飲食チェーンの本当のスゴさが分かる本

何故この本を買おうと思ったかと言うと、僕は小売りチェーン店を展開する企業に務めているから、他企業の展開の様子を知ってみたいと思ったこと。そして、学生時代に某ファミレスでバイトをしていたため飲食業界のことがちょっと好きだからだ。本当にただそれだけ、大それた目標とかは無いです。

僕が本を選ぶ時の哲学:1mm興味を惹けば買う。

人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本 [ 稲田 俊輔 ]
created by Rinker
¥968 2021/4/12 21:22:08

ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得

スターバックスコーヒーと言うのは知らない人は居ないと思う。スタバの凄いところはインスタで大人気になる綺麗なドリンクだけじゃなくて、スタバが出店する場所は緻密に計算されていて、必ず人が集まる場所を選んでいる、とのこと。

この人気コーヒーチェーンを作ったCEOがブランドを築いてきた心得を得られる本ということで読んでみようと思った。

というのも、僕は割と自分というものを持てない人間で、人に流されやすい性格だし、自己肯定感割と低いほうだと思っている。そういうところを変化させる手がかりとしても読んでみたいと思った。自己啓発の一種。

ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築 [ 岩田松雄 ]
created by Rinker
¥1,540 2021/4/12 22:20:16

極悪鳥になる夢を見る(貴志祐介)

前回の記事でも紹介した「悪の教典」「新世界より」に代表される貴志祐介さんのエッセイ集。

『新世界より』の物語は貴志祐介が10年間構想を練りに練った作品らしい。荒廃した日本を舞台にした現実と架空をミックスしたリアルな世界観を生み出せた貴志祐介さんを作り上げたものが垣間見える本なのではと期待している。

極悪鳥になる夢を見る (文春文庫) [ 貴志 祐介 ]
created by Rinker
¥737 2021/4/12 22:21:38

逆ソクラテス(伊坂幸太郎)

はい、これも伊坂幸太郎による小説ではない作品。小説家は何を書いても面白いんちゃうかな、と思いまして買っています。

逆ソクラテス [ 伊坂 幸太郎 ]
created by Rinker
¥1,540 2021/4/12 22:23:07

営業の魔法(内村真樹)

今の仕事は小売業ではあるのであまり本業では無いのだけど、それでも接客して(いいものを)販売しなければならないシーンが時たまある。また、従業員を教育するという観点でも『売り方』を知っておくべきなんだ。

でも僕は結構それが苦手なんだ。どうしてもお客さんが忌避感を示して居たりするのを感じ取っちゃって押せない。説明・対話をした上で選ばれないのは仕方ないと思うけど、それをするステージにすら上がれない時がよくあった。

そんな時に藁にもすがる思いで一冊の営業の本を読んだ。

〈マンガ〉凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク [ 佐藤昌弘 ]
created by Rinker
¥1,430 2021/4/12 22:26:47

それが一定の効果をあげたので、更に営業関係の本を読んでみようと思ったからコチラを購入してみた。

営業の魔法 この魔法を手にした者は必ず成功する 夢叶うポジポジ (<CD>) [ 中村信仁 ]
created by Rinker
¥1,650 2021/4/12 22:24:16

嫌われる勇気(岸見一郎)

超有名だから買ってみたw

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え [ 岸見一郎 ]
created by Rinker
¥1,650 2021/4/12 22:28:10

独学大全(読書猿)

これも同じ動機。社会人になってからどうしても勉強というものに拒否感が出てしまっている。そういう自分がとても嫌いなんだあ。それを脱却するためになるのかならないかは知らないけど読んでみようと思って買った。

Twitterで有名だったけど普通に買うと結構高い。DMM70%オフって凄いな・・・。

独学大全 絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法 [ 読書猿 ]
created by Rinker
¥3,080 2021/4/13 0:33:21

人は話し方が9割(永松茂久)

有名所。

人は話し方が9割 [ 永松茂久 ]
created by Rinker
¥1,540 2021/4/13 0:35:19

1%の努力(ひろゆき)

元2ch管理人で、現在はフランスで余生を過ごしている西村博之さんの本。

YoutubeでひろゆきさんのYoutube配信の切り抜きが大量に上がっているから見てみて欲しい。知識量が凄まじくて、雑学にも精通しているところと論理的思考冴え渡っていて面白い。

そんな人を成功に導いた考え方が書いてある本、読むしか無いでしょ。

2000年代に「2ちゃんねる」「ニコニコ動画」を成功させ、今は英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人をしつつ、パリで余生のような暮らしを送るネット界の超有名人・ひろゆき。

その「謎の生い立ち」に焦点を合わせ、人生において「どこ」が頑張りどころだったのか、ターニングポイントでどんな判断をしてきたのか。その「考え方の考え方」の部分を掘り下げる。

たとえば、テスト用紙が配られたら上から順番に解くのではなく、全体を眺めてできそうなところから解く。
そんなふうに、一歩引いて頑張りどころを見つけるような「努力しないための努力」(=1%の努力)の話を、印象的な7つのエピソードをもとに、時系列でまとめた。

1%の努力 [ ひろゆき ]
created by Rinker
¥1,650 2021/4/13 0:36:25

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた

アクセスの増えないこのブログを伸ばしたくて色々な文章術の本を読もうかなと思ったんだけど、たくさん読むのはめんどくさい。そう思っていた時に出会った本がこちら。

100冊を一冊にまとめてくれるなんて聖人なのかな?と思いながら購入した。

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。 [ 藤吉 豊 ]
created by Rinker
¥1,650 2021/4/13 0:37:44

入門SEOに効くWebライティング

上の本と同じ目的で購入。ブログを伸ばすテクニックは世の中に沢山あるのだと思うけど、本質である文章からSEO対策をするのが正攻法なのかな、と思ったので買いました。

入門SEOに効くWebライティング サイトの価値を高める正しいコンテンツの作り方【電子書籍】[ 宮嵜 幸志 ]
created by Rinker
¥2,035 2021/4/13 0:38:53

ラオスにいったい何があると言うんですか?(村上春樹)

旅行記が読みたい&アジアが好き&有名な人の書いてるやつがいい!

という条件で探した結果行き当たったのが村上春樹さんによるラオス旅行記。

そこには特別な光があり、特別な風が吹いている――ボストンの小径とボールパーク、アイスランドの雄大な自然、「ノルウェイの森」を書いたギリシャの島々、フィンランドの不思議なバー、ラオスの早朝の僧侶たち、ポートランドの美食やトスカナのワイン、そして熊本の町と人びと――旅の魅力を書き尽くす、村上春樹の紀行文集、待望の文庫化!カラー写真を多数収録。

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 (文春文庫) [ 村上 春樹 ]
created by Rinker
¥957 2021/4/13 0:40:47

極夜行

探検家にとっていまや、世界中どこを探しても”未知の空間“を見つけることは難しい。大学時代から、様々な未知の空間を追い求めて旅をしてきた角幡唯介は、この数年冬になると北極に出かけていた。そこには、極夜という暗闇に閉ざされた未知の空間があるからだ。極夜――「それは太陽が地平線の下に沈んで姿を見せない、長い、長い漆黒の夜である。そして、その漆黒の夜は場所によっては3カ月から4カ月、極端な場所では半年も続くところもある」(本文より)。彼は、そこに行って、太陽を見ない数カ月を過ごした時、自分が何を思い、どのように変化するのかを知りたかった。その行為はまだ誰も成し遂げていない”未知“の探検といってよかった。

「Book」データベースより

ただの旅行記にとどまらなさそうな本。僕はまだ20代だけども、多分一生北極に行くことは無いんじゃないかな、と思っている。だからせめて本からは知っておこうという気持ちがある。

極夜行 [ 角幡 唯介 ]
created by Rinker
¥1,925 2021/4/13 0:42:03

ニホンオオカミの最後 狼酒・狼狩り・狼祭

完全にムダ知識を増やしたくて購入した。

ただ面白いのが、タイトルにある「狼酒」「狼祭」を僕は知らない。久しぶりに知的好奇心は湧き上がったので購入。

ニホンオオカミはどうやって絶滅したのか?
古文書をもとに、その最後をみちのくの山里にたどるノンフィクション。

ニホンオオカミの最後はじつははっきりしていない。
明治38年の和歌山県が最後といわれるが、それは標本として残されている最後のオオカミでしかない。
東北の地で、野生動物と人の関係を追いかけた作家が、オオカミの最後を追う。

「狼酒」、そして、近年まで東北の山里で行われていた「狼祭り」の発見、
掘り起こされた貴重な歴史的資料。

東北の地で明治・大正を生き、オオカミの最後を見てきた山の民の最後の遺言を集め、
藩政の書面をたどりながらニホンオオカミの最後に迫る一冊。

ちなみに名古屋にある「東山動物園」ではニホンじゃないオオカミが見れる。犬みたいにとことこ歩いていて可愛いけど、めちゃくちゃ獰猛そうな唸り声を出してくるから面白い。是非機会あれば行ってみてほしい。

ニホンオオカミの最後 浪酒・狼狩り・狼祭りの発見 [ 遠藤公男 ]
created by Rinker
¥1,760 2021/4/13 0:43:50

合計14冊。レビューはいつかする。

合計で14冊です。前回記事の最後で87冊と書いてたので全部で101冊になっちゃうけど・・・まぁどっちかで数え間違えたのでしょう!w

さて、鬼滅の刃全巻読破に時間を使ってしまったため、この記事を公開できる時間にはもうクーポン配布が終わってしまっていて、残念な思いをしている人もいるかも知れない。

ただ、クーポン配布されてから7日間以内に買えば70%オフが適用されるので今から本を選び始める人もぜひぜひ参考にしていただいて、買ってみて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

目次
閉じる