【Anker】絡まない・断線しない充電ケーブルが最強すぎる件【iPhone・USB-C】

かばんに入れてる充電ケーブル、絶対絡まる。ウロボロスか!(ちゃうか)

どうも鳥やんです。絡まるケーブルに悩まされて10数年。ついにAnkerがやってくれました。
先日Ankerより発売された『絡みにくい充電ケーブル』買ってみたので早速レビューです。

目次

Ankerの絡まないケーブルとは?【Anker Power Line】

『絡まないケーブル』の一言でほぼ説明がつく事ではあるが、一応説明させてもらおう。

このケーブルは外側がシリコン素材、内側も導線も特殊素材で覆うことで柔軟性を出している。
だから絡まらなくて、曲げても癖がつかないらしい。

触ってみると、とても柔らかい。

Anker Power Lineの柔らかさは桁違い

その柔らかさを他と比較するために、同じ長さで揃えて平行にしてみた。
画像で見たらめちゃくちゃ分かりやすいんだがものすごくしなる。

つまり曲げる事でケーブルに与えるダメージが少ないのだ。

よくモバイルバッテリーにケーブルを巻き付けて持ち運んでいて、自然と外れてきたりすることがないだろうか?
あれも、ケーブルの柔軟性が足りないから。硬いケーブルを無理やり巻きつけることでダメージも否めない。

この機会に是非AnkerのUSBケーブルを買うべき。
買った瞬間からケーブル買い替えのスパンが長くなってかかったお金はペイできる。

Anker Power Lineの端子の形状の種類

今取り扱いがあるのはiPhone充電の『Lightningケーブル』と『両端がUSB-C』タイプの2種類。

Lightningケーブルは、iPhoneユーザーなら毎日使うこいつ。(アマゾンめっちゃ安いな)

Anker PowerLine III Flow USB-C & ライトニング ケーブル
created by Rinker
¥2,067 2021/7/9 2:04:18

そしてUSB-Cはこっちの端子タイプのこと。

Anker PowerLine III USB-C & USB-C 2.0 ケーブル 0.9m
created by Rinker
¥1,590 2021/7/9 2:11:01

Ankerの充電ケーブルはコンセント側の形がいつものと違う

僕らが普段使っている充電ケーブルは
iPhoneのライトニングケーブルもUSB-Cケーブルも
反対側は『USB-Aタイプ』になっていて、コンセントとこの形を変換するアダプタを使う人が多いと思う。

USB-C&USB-A

俺らが持ってるアダプタって大体これだよね。

だがAnker製品はコンセント側の端子も『USB-C』の形をしている。

だから、充電器として使うためにも別途『コンセント→USB-C変換のアダプタを使う必要がある。

Anker PowerPort III Duo (PD対応 36W 2ポート USB-C 急速充電器)
created by Rinker
¥3,499 2021/7/9 2:22:30
鳥やん

相変わらず楽天の方が安いのなんなん?

アダプタ買ってまでこのケーブル使う必要ある?
と思う人の為に、ここからUSB-C端子に変えるべき理由を解説していこう。

USB-C端子を使うべき理由3つ

最近色々なデバイスがUSB-C規格を採用し始めていて、
Mac BookやAndroid端末もほとんどUSB-Cタイプの充電端子だ。

ちなみにUSBのタイプ別の形はこれ。

USB A, B, C

今回紹介しているケーブルも電源側までもがCタイプ。
アダプタを買い足す必要があってめんどくさい。
それでも、上で書いたようにこの柔軟性高いケーブルはその面倒くささを乗り越えてまで使うメリットがある。

更に、Cタイプ使う事は自体にも実はメリットがある

抜き差しで端子に与えるダメージが少ない

USBのAタイプとBタイプは挿す向き(裏表)が決まっているから、
手元を見ずに挿そうとして逆向きに挿してしまう事はないだろうか?見てても間違える時あるし。

挿し向き間違いの繰り返しで、メス側の端子を何度も傷つけてしまう。

また、オス側の端子もBタイプみたいに裏表が変えられないものは、片側だけが何度も抜き差しされるので劣化が早い。
その点、Cタイプは裏表関わらず挿せるから必然的に抜き差しダメージが両側に分散される。

鳥やん

だからUSB-Cタイプのほうが寿命が長いんだ。

データの転送速度が早い『USB3.0』に対応

もう一つ挙げられるUSB-Cのメリットは転送速度の速さ
USB-Cは”USB3.0″という規格に対応していて、
これまでのUSB2.0と比べると約20倍の転送速度を出せる
最大で5Gbs/秒の速度で転送ができるから、大きなデータを扱えば扱うほど転送にかかる時間が少なくなる。

電力の供給量も大きい。

CタイプのUSBは電力の供給量もこれまでのUSBと比べて多い。
だからMacBookみたいなパソコンや、急速充電に対応したスマホの充電ができる。

これまではパソコンなどは機種によって異なるACアダプターを使っていて、
家中に謎のケーブルが溢れかえってめんどくさかった。

それが、USB-CであればACアダプタで電力を制御する必要がなくなるからどの端末でも同じアダプタで電力供給ができるようになる。

共通規格が使用できるということはそこに掛けるコストが低くなるので、
これから発売されるデバイスはどんどんCタイプが採用されていくことは明白。

だったらここでUSB-Cに切り替えても問題ないよね!

この記事で紹介してるそもそもの『柔らかい充電ケーブル』自体がメリットたくさんだし。

まとめ:Ankerの新しいケーブルは形は独特だけど買うべき

まとめです。Ankerから発売された柔らかいケーブルは絡みにくくて、耐衝撃性も高い。
つまり素晴らしい製品。

ちょっとめんどくさいのが、コンセント側の形状もタイプCになっていること。
でもタイプCになっていることもメリットが有る。

  • 端子へのダメージが少ない
  • 転送速度が早い
  • 充電速度も早い
  • 色々な端末に使える(これからタイプCはもっと増える)

以上を加味した上で、使ってみたい!使ってもいいな、と思う人は是非買ってみてほしい。

Anker PowerLine III Flow USB-C & ライトニング ケーブル
created by Rinker
¥2,067 2021/7/9 2:04:18
Anker PowerLine III USB-C & USB-C 2.0 ケーブル 0.9m
created by Rinker
¥1,590 2021/7/9 2:11:01
Anker PowerPort III Duo (PD対応 36W 2ポート USB-C 急速充電器)
created by Rinker
¥3,499 2021/7/9 2:22:30

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる