【デート・家族でも◎】愛知牧場が『ちょっとお出かけ』にめっちゃいい!【自然】

疲れている時はYoutubeで犬猫動画を見るに限る。

いや何の話やねんってなると思うんだけど深い理由があります。
疲れる現代人は癒やしを求めている!もう画面の中の癒やしじゃ耐えられない!
休みの日にコロナ対策で家に居るのは嫌!

と、なっている方にオススメのお出かけスポットが『愛知牧場』です。

この記事はこんな人にオススメ!
・愛知県でちょっとした遊び場探してる人!
・癒やしを求めている人!!
・花畑を見たい人!!

目次

愛知牧場が家族でもカップルのデートにもうってつけな理由

愛知牧場というか牧場全般に言える事かもしれない。

牧場は動物との触れ合い・牧場で採れたミルクのアイス・乗馬体験などなど出来る。花畑もある。
写真を撮るもよし、食べて楽しむも良し、触れて楽しむも良し。相手が動物だから決まりきった事があるわけではなくイレギュラーな出来事があるのが面白い。

愛知牧場はネモフィラ・菜の花・コスモスが綺麗

愛知牧場の花畑は結構広めの区画に一種類の花がばーっと咲いていてとても綺麗だし、写真映えもする。

愛知牧場のネモフィラ

ちなみに畑によってはまばらに咲いてたりもするのでインスタ映えを狙うなら撮る角度をよく吟味する必要がある。

愛知牧場のコスモス

青空と対照的なオレンジがとても綺麗だ。ここではカラスがいっぱい集まって遊んでいてちょっと怖いけど可愛かった。

ちなみに花畑に入るには1区画ごとに100円をボックスに入れる必要がある。性善説に基づいた非常に良い牧場である。

動物との距離がめっちゃ近い!ヒツジ・ヤギ・ウサギ・モルモット

そして愛知牧場はかなり動物との距離が近い。動物が居るところはもちろん囲われているけど、広めに囲われているし色々な動物が仕切りなしで一緒に暮らしているからほっこり。

ヒツジは時間になると餌をもらえるのかなんなのか、色々なところに居るヒツジが『めぇ~、めぇ~』と声をかけあって隊列を成して小屋に戻っていくのがめちゃくちゃおもしろい。

ヒツジが服を着ているのがめちゃくちゃ可愛い。

乗馬体験も可能!(年齢制限:3歳以上)

愛知牧場では乗馬体験まで出来てしまう。小さい子はポニー、大人はサラブレッドに乗れる。

もちろん走ったりするわけではなくて飼育員さんに手綱を引いてもらって広場を一周もしくは半周するだけではあるんだけど、馬に乗る機会もなかなか無いし、馬に乗っている写真なんかあんまり撮れないと思うので一度はやってみることをオススメする。僕は今回、定休日だったので出来ませんでしたが。

ジェラート・ソフトクリームも絶品

愛知牧場ではそこで採れた牛乳を使ったジェラートやソフトクリームも販売をしていて、休憩がてらベンチに座って食べることが出来る。

俺はソフトクリームを食べたけどめちゃくちゃ濃厚で美味しかった。新鮮な牛乳だから美味しいんだろうか?

愛知牧場のジェラートは土日月祝のみの販売

本当はジェラートを食べたかったんだけど、あいにく今はコロナの影響で土日月祝のみの販売となっているようだ。木曜に行った僕は無事食べられませんでした。

コロナの影響で販売日程を絞るということは、それをめがけて人が集まってくるから。つまり、かなり人気のジェラートということだな。

愛知牧場周辺のオススメカフェ:カーデン

ジェラートが食べられなくて残念だった人も安心してほしい。愛知牧場近くには意外とカフェがたくさんあって、美味しいアイスが食べられるところもある。今回は俺が実際行った中で雰囲気・味どちらも最高だったカフェを紹介したい。

その名も『カーデン』めっちゃインスタ映えする店内に美味しいコーヒーとスイーツが食べられる。
まずは写真を見てくれ。

音符の背もたれがかわいい
素敵な電球がたくさん売ってる
絶品チーズケーキとりんごアイス

こんな感じ。内装めっちゃくちゃ素敵で食べ物も美味しいのです!!別記事で詳しく書こうかなあ

愛知牧場の場所・料金・駐車場情報

愛知牧場の場所・交通手段・所要時間

愛知牧場は愛知県のみよし市にあります。名古屋駅からだと車で40分・電車で一時間程度。丁度いい田舎にあります笑

https://goo.gl/maps/JCxmHn4rUaGWTJzD7

電車では名古屋駅から『東山線』で伏見駅へ。そこから鶴舞線に乗り換えて豊田市方面へ。黒笹駅で降りて徒歩で12分で到着です。

愛知牧場の入場料・駐車場について

愛知牧場は入場料は特にありません。駐車場も平日は無料。

ただし、土日祝日は駐車場に『一台 500円』かかります。

GWも終わって人は少なくなっているはずなので、是非カップルでもお子様連れでも利用してみてくれ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる