【2021 8/13が見時】砺波市・南砺市でペルセウス座流星群を見れるスポット!

8/13日、ペルセウス座流星群が極大を迎えるそうだ。
今年は条件が良ければ1時間に40個程度も見れるらしい。

ペルセウス座流星群は、流星群の中では『しぶんぎ座流星群』『ふたご座流星群』に並ぶ3大流星群の一つ。

お盆の時期と重なります。富山に帰省してくる人もいるだろう。
飲みやカラオケにいけないこのご時世、密を避けて星を眺めるのはどうですか?

この記事では富山県で流星群が見られるスポットを紹介して行く!

目次

砺波・南砺市でペルセウス座流星群を見られるスポット

南砺市はそもそも山の中、砺波も少し走れば山に入れる。
富山で一番星を見やすい

散居村展望台

富山で有名な、田んぼの中にお家が散らばっている散居村を眺望できる展望台。
これもめちゃくちゃ山の上にあるから開けていて、暗いので星が見やすい。

ここは昼間に行くのにも、散居村の絶景が見られて素晴らしい。
俺の知り合いは愛知県から遠征して見に来たことすらあるらしい。

庄川峡周辺

庄川峡には大きな橋があったり、小牧ダムというダムもあるので、星を見るのに最適な暗さが確保されている。

庄川橋周辺には路駐して見れるところもあるし、何なら橋の上の道で眺めるのも良い。

また、周辺には温泉もある。



いい感じの旅館もたくさんありますよ。

桜ヶ池公園

水がめっちゃくちゃ綺麗な公園である。
そして遊具やスケボーコートなどもあるので、
遊具に寝そべって星を見ることが可能。

弁財天公園

こちらは逆に広場があるから、レジャーシートなどを持っていって寝転んで見れるぞ!

砺波・南砺市は駐車場要らず

正直夜中に星を見るための路駐はイケる雰囲気がしている。

勿論、駐車禁止の看板がなければだが。

ペルセウス座流星群を見られる時間帯

ペルセウス座流星群は8/13の午前4時頃が一番活発な時間帯。

その前後数時間がよく流れるので、12時すぎ~朝5時頃までが見時だ。

ちなみに、この日が極大というだけであって、実は7/24~8/24くらいまでは見られるそう。
ただし、流星数が増えるのは8月の中旬あたりに入ってからということだ。

流れ星を見るコツ

流れ星を見るコツは主に2つある。

一つは、スポット選び。
明るくなく、極力視界が開けたところを選ぶ必要がある。
だからスキー場みたいに木が生えていないところが見やすいんだ。

もう一つは見る時の目の使い方だ。
焦点を一箇所に定めるのではなく、ぼーっと全体を見渡すような見方が良い。
車を運転するときみたいに広い視野を取ると視界の端に映った星も見つけられる。

富山市内でスポットを探すなら車がオススメ

当たり前だけど公共交通機関が動いていない時間帯だし、
動いている時間帯に前乗りするにも遠すぎる。

だから、車がオススメ。車が無いならレンタカーを借りて行くのが良い。

富山県は一般的にあるレンタカー屋の支店がないときがあって、
色々なサイトをはしごして探すのが結構めんどくさい。

だから俺は色々なレンタカー屋さんの料金を横断して検索出来る
Skyticketレンタカーをよく使っている。
もしレンタカーを使って星を見に行こうとしている人がいれば使ってみてほしい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる