【新生活応援④】ニトリで買った一人暮らしを快適にするアイテム8撰

ニトリ

どうも鳥やんです。一人暮らしを始めてやっと3年目。

実家にいたときは全てが用意されており、一人暮らしを始めて見ると楽しいけど不便は多いな~となった。だから僕は、ニトリでたくさんの物を買い足した。めっちゃお金かかったけど、そこそこ快適な暮らしを出来ている。

だから今日は、そろそろ新生活を始める新社会人や大学生に向けてニトリで買えるオススメ商品を書いて行く。

キッチン周りのオススメ商品

一人暮らしで「さぁ自炊でもしてみようかな!」という人。
まじでキッチン周りの環境でやる気が変わるからココらへんは早めにして、自炊の習慣をつけるべきや。

後は僕みたいに整理整頓が苦手な人も、極力片付けの労力を少なくできるアイテムが多いので必見。

シンク周り

水回りというのは放置すると不衛生になり、近づくものを撥ね退ける禍々しさすら出てくる。
ここは対策しよう。

【ランキング1位】たためる水切り

水切りというのは食器を洗った後に乾かすスペースの事ですね。
一人暮らしの賃貸アパートはこれがついてなくて、別で水切り用のラックを設置するスペースにも困る事が多々ある。

そんな時にオススメなのがシンクの半分を皿乾かしスペースにできるこちらのアイテム。

画像を見てもらえば分かるように、シンクの上に橋渡しすることでお皿をおける。
洗ってすぐ横におけるし、水はシンクに落ちるだけだから掃除の手間も生まれない。
この商品はもう何年もあると思うけど、未だに不動の一位でリピート買いしている。

ちなみに僕はズボラなので、食器は引き出しにしまわずシンクの水につけてるものと、この上で乾かしてるものをひたすらループさせるだけでなんとか衛生状態を保っている。
カスの呼吸、1ノ型!皿グルグル!(購入は以下ページ)

【ランキング2位】みじん切り器

ガッツリ料理に活躍するアイテム登場!まずは写真見て下さい。

引っ張ったら刃がくるくる回って野菜を切り刻んでくれる。僕はズボラなので野菜を炒める順番なんか考慮しませんからね。全部小さめに切ってみじん切り器に放り込んで、引っ張って終わりですわ。

長時間玉ねぎとか切ってると目が痛くて嫌になるのでこれはマストアイテムです。みじん切りしてる時間なんか何も生み出さないからな。まだネリケシ作ってた小学校の授業中のほうが有意義。

米ピタクリップ

お米を洗う時にこぼれにくくするやつ。

便利ではある。今から元も子もないディスり方するから、買いたい人は先に買ってくれ。

これをつけたり外したりするのがだるくて使わなくなる。
米なんか何粒か無くなっても別に困らん。

新生活始める人にこれだけは伝えたい。
無洗米を買え。

いい包丁

これはニトリじゃなくてもいいんだけど僕が個人的に買ってよかったと思っている包丁はこれ。

切れ味の良い包丁というのは素晴らしい、ノンストレスだ。
食物をうまく切れない包丁が人に与える気持ちはちょうど「おしりを拭こうとしたら紙がなかった」の様なイライラと絶望感を与える。

この包丁は全体がステンレスで出来ていて持ち手と刃の間に隙間が無いので衛生面もいい様な感じがして安心して使えている。

収納関係

収納関係はうまくやらなければいけない。
僕が知っている収納術を一つだけ教えよう。
でかい部屋に住め。

あ~二部屋ある家をやめれねぇ。これ以上生活水準を落とせなくて家探しの時まあまあ困る。

つっぱり式ワイヤーシェルフ

賃貸の収納は全て突っ張りで成り立つと言っても過言ではない。そしてリビングというのは小物がどんどん机の上に散らばっていく空間だ。

財布とか車の鍵の放置から始まって変な小物とか放置しちゃう時がある。それを予防するのがこれ。

突っ張りはスペースあまり選ばない、天井と床はどの家にもあるからな。

いいところは棚が動かせることと、別売りで色んなパーツつけれたり横連結できるから楽しい。

ちなみに僕の利用例はこんな感じ。

圧倒的プライベート。上段に棚を敷き詰めて思い出の品などを配置していて、
下段は棚板を抜いて収納ケースを入れてその上に仕事に行く時に絶対使うものを配置している。

かつてはここにファイルスタンドとかをおいて公共交通機関の振り込み用紙とかを溜め込んで、よく振り込み忘れていた。

強力マグネットフック

これはシンプルながらとても便利。床や物入れの面積はそれ以上拡張できないので、
宙に浮いてるところをうまく活用すれば収納スペースはかなりできる。


アホみたいにでかいイヤリング引っ掛けてる女性も多分仕舞う場所がないから耳にかけてる。

こうやって机の下にくっつけたり

キッチンでかさばる物たちを吊るしたりしている。

寝具

寝る場所もとても大切だ。

マットレスは金の許す限りいいものを、ベッドも空間の許す限りでかいものを。

それはそうとして、そこにお金をかけなくても快適に眠れる寝具はたくさんある。
いい羽毛布団とか枕とかがそうだろう。

ただ、ここではニトリ特有の商品だけを紹介しよう。

Nクール&Nウォームのシリーズごとの違い

夏はひんやりした感触の敷きパッドとピローパッド、肌布団を買おう。
毎年5月ぐらいから展開されてるイメージ。

冬はNウォーム。これまた発熱作用のある繊維であったかい毛布とかある。

こいつらがあるだけで寝苦しさがかなり違うから買ったほうがいい。毎年使えるから多少高くても許せるかな。

お店に行ってみれば分かることではあるが、それぞれ3シリーズずつくらいあって、値段が上がるごとに性能が良い。

オススメはNクールならWスーパー、NウォームならWモイスト

ひんやり感の持続するNクールと、本当に本当にしっとりしたさわり心地のNウォームなので包まれたくなりすぎる。デメリットとしては気持ちよくて起きれない。

まとめ:便利なものから生活水準を上げるものまで揃うのがニトリ

まじで背中のかゆいところに手が届く感じの商品もあれば、存在を知ってからQOLが爆上がりするアイテムもあって、しかも安いのがニトリのいいところ。

この記事は定期的に更新していこうと思います。

最後に他の新生活応援記事

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました