今は格安シムに変えるべきではない【携帯代が高いならキャリア格安プラン】

どうも鳥やんです。もう格安シム歴6年ほどになろうとしております。

突然ですが携帯代って高いですよね?auとかだとちょっと前までは月額9000円くらい払っていたりしました。年間10万くらいですよこれ。

そんな中、最近は楽天モバイルなんかが有名ですが「格安シム」と呼ばれるものがあります。月額「2980円!」みたいな謳い文句から興味を惹かれている方もいるのではないでしょうか。

しかし、詳しくない人は「格安シムって何・・・?めんどくさいからこのままでいいや」ってなってしまうと思います。

そこで今回は格安シム歴6年で、イオンモバイル→楽天モバイルBIGLOBEモバイルと使ってきた高知能ペンギンな私が、

格安シムとはなにか、実際格安シムに変えるべきなのかどうかをお伝えしようと思います。

目次

格安シムってなに?

格安シムというのは簡単に言うと、au, DOCOMO, Soft Bankなどの大手キャリアの回線を借りて他社がやっている携帯の通信サービスだと思って頂ければよいです。

自前で回線を持っていないため維持費がかからず、安いわけです。 

よく名前を聞くのが楽天モバイルですね。めっちゃ安い感じのCMやってますね。

大手キャリアのスマホではシムロックと言って、自社以外の通信サービスを使えないようにしています。(最近は解除できるそうだけど)

その反対に、シムフリーというのは、SIMカードスマホに入れて通信をできるようにするカードのこと)を入れさえすれば通信できるスマホのこと。海外はそのスマホが多いらしい。

日本の格安SIMは、スマホ本体とセット売りもしていますが、基本的にはシムフリー端末があればSIMカードだけ契約すれば通信出来ます。

f:id:llimeife:20210301042240p:plain
何故かもう桜が咲いていた三重県・桑名

どのくらい安いのか?

これに関しては正直、もっと詳細な記載をされていたり、条件指定でサービスを絞り込めるサイト様がたくさんありますので、イメージ程度に見て頂ければと思います。

代表的な5社ほどのお値段を並べようと思います。

  基本料金(10~15G) 基本料金(20G) かけ放題 その他オプション
BIGLOBE MOBILE 2150円 5200円 3分かけ放題:600円 エンタメフリー・オプション480円
mineo 1780円 1980円 10分かけ放題:850円 パケ放題(通信無制限)350円
OCNモバイル 2680円 4200円 10分かけ放題:850円 ミュージックカウントフリー(無料)
UQモバイル 2480円(15G) 3480円(25G) 10分かけ放題:770円 余ったデータ繰り越し可能
楽天モバイル 1980円(20Gまで) 2980円(無制限) アプリ利用で無料かけ放題 自社回線持ち、5G対応

 ざっと有名所並べてみましたが、上の4つはは10~15Gの時点でそこそこのお値段。昔の大手携帯よりはぐっとやすいんですけどね。

最後の楽天モバイルだけは、自社で回線を持ち始めていて、au, SoftBank, DOCOMOに張り合ってお値段を下げてますね。負けたら回線設備の投資費用回収できねえもんな。

上で”そこそこ”安いと言ったのは理由があります。

大手キャリアの格安プランは?

これは別の記事で各社格安プランの特徴をまとめてあるので是非読んで頂ければと思うのですが、au, DOCOMO, SoftBankの格安プランは、どれも5分間かけ放題をつければ1980円!

www.toriyan.jp

いや、こっちのほうが安いやんwってなってしまいます。

結論:格安シムに今変えるべきでは無い。

また、ここまで大手3社+楽天でしのぎを削っているにも関わらず、格安シム各社は値下げはほとんどしていません。

何故なら、格安シム各社がこれまでは携帯事業だけで食っているわけではなくて他の通信事業から始まった会社が多いからです。最悪撤退みたいな事も考えられます。

はい、もう分かりますね。

別に大手より安くない+事業撤退の可能性

=乗り換えるべきではない!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる