楽天モバイルでiPhone購入したら値段は他社よりお得すぎる!

iPhone

先日iPhoneが発売された楽天モバイル。取り扱いはiPhone SE(第二世代)、iPhone12シリーズ4種!

前回は楽天モバイルで取り扱いのあるiPhoneの中の一番オススメ機種について書いてきた。今回も、楽天でiPhoneを迷っている方の参考になればと思い記事を書いてる。

今回のテーマは楽天モバイルでiPhoneを買うと、他社より安いのか?ということについて書いてきます!単純な金額の比較から、ポイント還元などの観点でも見ていこう!

この記事はこんな人にオススメ
・携帯会社変更ついでにiPhoneに買えたい!
・楽天モバイルのiPhoneって他より高い?
・安くiPhoneを使いたい!

前提条件:128G、一括払いの端末価格。ただし分割払いにしても利率0%なので最終の支払い金額は変わらず。比較しやすさの為に総額で書きます。

結論:楽天モバイルが端末やポイント還元含めて一番オトク。

各社のiPhoneの価格を表で比較

楽天モバイルDOCOMOauSoftbank
iPhone SE(第二世代)6万1150円6万2568円6万1250円6万4080円
iPhone 1210万8160円10万9296円10万8260円11万6640円
iPhone 12 mini9万5140円9万5832円9万5240円10万2960円
iPhone 12 Pro12万7395円12万9096円12万7495円15万1920円
iPhone Pro Max14万1700円14万2560円14万1900円16万6320円
色付きは4社で最安値

というわけで、純粋に金額で比較した時に一番安いのは楽天モバイルで、一番高いのがSoftBank。最初にiPhoneを取り扱い始めたSoftbankのイキリ具合が半端ない。

でも携帯代金は端末価格だけで判断出来るものではないのは皆様よくご存知だろう!
他社様々なキャッシュバックや割引が用意されている。次はそれぞれの会社のiPhone購入時の割引に関して見ていこう。

楽天モバイルでiPhoneを購入するとポイント付与15000~20000P

楽天モバイルのiPhone購入特典は明快シンプル。

楽天モバイルでiPhone購入で15000ポイント還元。
更に同時に楽天Unlimit VIに初めて申し込む人は更に+5000P

楽天Unlimit VIは誰でも使用量に合わせた料金で使える神プランだから是非コチラから詳細を確認して、よければ契約してみてほしい。

楽天モバイルをオススメする記事たちはコチラ!

DOCOMOでiPhone購入するとdポイント20000ポイント

iPhone 12以上の5G対応端末だと『5G welcome割』というのでdポイントを20000P貰える。
プラン加入とかを求められないあたりは分かりやすくてとても良い。

スマホおかえしプログラム適用で2年で機種変したら端末代はお得

2年で携帯を返却して別の端末に替えれば、残り12ヶ月分の支払いが不要になる。3万円位は端末代がお得になるんじゃないだろうか。

しかしながらahamo以外のDOCOMOのプランは相変わらず高い。スマホおかえしプログラムを適用することでDOCOMO利用を続けざるを得なくなり、高い月額を払い続ける必要があるというデメリットがある。

DOCOMOに骨を埋める覚悟がある者は是非このプログラムを適用すべし!

auでiPhoneを購入すると高額プランと引き換えに割引(コスパ低)

au online shopでの購入なら『au online shopお得割』で最大22000円割引・・・
と書いてあるが、これはワイド学割加入時のみ。それ以外のプランだと11000円割引。

ワイド学割とは?
29歳以下が入れる学割(?)
データ通信無制限+NetflixやAmazon Primeなどのセットプラン。
上記なら月7850円。家族割等を付け加えると5480円/月。

月にこれだけ高額の料金を払ってまでiPhoneを1万円安くして意味あるか?

また、機種変更+該当プランへ加入+紛失サポートへ加入することで更に5500au wallet残高付与。
該当プランは以下。

コチラも一番安いプランで9080円/月の高額プラン。これらに加入して端末代を1万円下げたところで使いもしないサービスやデータ容量に対する高額の月額料金が重くのしかかる形となる。

auもかえトクプログラムがある!

auもDOCOMO同様にスマホを返却することでその後の支払いが免除になるプログラムがある。

24回払いにして、25ヶ月目に機種変更して、スマホを返却すれば 24回目移行の支払いが免除になる。96600円の機種の場合だと、38640円お得になるらしい。

DOCOMOの件と同じ理由になるが、これを適用することでauを辞められなくなるというリスクがある。

Softbankも同様に高い。

Softbankも『得するサポート+』というのがあるが、謎の大容量プランへの加入を強いられるので僕はオススメしていない。

というかSoftbankは端末価格だけでも楽天と比べて8000円くらい高いのがマジでだめ。そこにどれだけ割引乗せようと楽天よりは安くならないし、割引積む為に大容量プランに申し込んで高い月額料金を払い続けるコストが無駄。

結論:楽天モバイルは安くて縛りが少ないのが良い

結局、端末価格を見ても楽天モバイルが一番安い。

それ以上に僕が楽天モバイルのいいところを挙げるなら『縛りが少ない』これに尽きる。

他の会社のキャッシュバックや端末代金の割引はほとんどが『特定のプランを契約してくれたらね!』の条件付きになっていて、その月額料金で割引額より高くなってしまうというデメリットもあるし、割引を受けるのに実質的に2年縛りみたいになってしまうところがほとんどだから辞められなくなる。

その点楽天モバイルは縛りも無いし、解約金もかからない。格安シムが流行ったのは月額の安さもあるが、利用をやめて乗り換えたい時にやめやすいというメリットもあった。

今のキャリアでその利便性を残してくれているのは楽天モバイルだけ。
ぜひ公式サイトで自身の目で見てみて下さい。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

楽天モバイル関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました